忍者ブログ
中国語の学習を通して感じたこと。普段感じたことなど。備忘録として機能すればいいなと。

贵在坚持

中国語を始めた頃、HSK8級は雲の上の
レベルでした。(高級は想像すらできない)

しかし、いざそのレベルに到達すると
「なんだこんなもんか」とし思わなかった。

そこには“劇的な変化”などはなかった。

たぶん中検1級に合格した暁にも
その程度の感想しか抱かないと思う。

到達までは早いか遅いかの違いはあるだろうけど。


独学なのか教わるのか。
中国でやるのか、日本で勉強するのか。
趣味なのか、仕事なのか。

環境が異なる。
個人の能力だって異なる。
違いはあって当たり前。
勉強の方法だって正解はない。

ひとつ言えることはやめないこと。

続けること。

これだけ。

これが秘訣。

簡単そうで難しい。

こうやって勉強できるのも幸せ。




PR

中国語忘れつつあるので。

元家庭教師の箴言。

1.背单词
2.背语法
3.看视频
4.找人练习

背课文最好

これを念頭に置きつつ学習内容を
決めて実行に移したいと思います。

700は地味にやってます。


とりあえず見るドラマは決まりました。
《大秦帝国之崛起》です。
元カテキョの彼女が勧めてくれました。
ちなみに杨幂のはつまらないそうですw

今更ながら予定など。

この時期は仕事がなくてもマッハですね。
2月の初めと終わりだけはバタバタでした。


5月 C.TEST 
8月 通訳案内士
11月 中検1級

今年も無料で受けられるC.TEST。
決して福岡で美味しいものが食べたいから
受けるわけではありません。スコア式なので
1年前の自分と比較するためですね。

去年のエントリーを見るにつけ、中国語能力、
進歩どころか、さらに退歩してる気がします。
最近は英語やら韓国語にも手を出している
ので、中国語にも愛を注がないとw

早いところドラマを見たほうがいいですね。
机でガリガリする勉強より、実践的で役に
立ちますから。(自分の場合)

ディクテーションもやったほうがいいしなあ。
あ~やることだらけ。


最近は毎日これを1時間ほど。
中国語用の口の筋トレww



本当は通訳案内士用にHSKを受けたかった
んですが間に合いませんね。福岡受験だと。


韓国の友達は今武漢の実家で休暇中。
来週いよいよ成都に戻るそうです。
暖かくなったら、遊びに行こうと思います。
あとは先立つものだな。

それにしても仕事ないですね。



音読する日々。

相変わらず、前鼻音が後鼻音になってる
と指摘されます。

HSK4級の聴解問題を使ってます。

「普段の会話ではあまり使わない表現も
多いよ」とのこと。試験だしね。
そんなもんでしょう。

うーん、先生の日本語と自分の中国語の差が
ますます開きつつあるw
負けませんよ。


最近どうも覚えがわるいです。

ハングルは仕方ないと割り切りました。
圧倒的に量が足りてませんから。

英語はまだ頭に入るんですが。

問題は中国語です。
一工夫したほうがいいようです。

とりあえず三カ国語同時進行中。
優先順位は、中>英>韓

大人の学習。

どうしても目に頼りがちです。
でも別にかまわないと思います。

ただ目だけの学習では絶対駄目。
(本が読めればいいとかなら構いませんが)
必ず口と耳も使いましょう。


友達が「中国語の練習しましょう」と
音声のメッセージを送ってきました。
そして「你跟着我读!」と。

20秒ほどのメッセージが二つ。
ちょっと聞いてみたところ、
あまり聞き取れません。

スクリプトもないのでディクテーション。
辞書を引き引きなんとか終えました。
友達に何のテキストが質問したところ

「草枕」との答え。

ちょっと難しいとは思いましたが…
文字に起こして読むとと分かるんですよね。


次は東野圭吾の『悪意』を読んでくれました。
うーん、これも難しい。
風景等の描写が特に難しいですね。
それとは逆に登場人物の台詞は分かり易いです。

説明を聞いたり質問したり、こういう勉強(?)
もありですね。楽しいので。
日本語と中国語でウィン・ウィンですよ。
まあ、負けてますが…


大人である以上、また日本人である以上は
「見て分かる」が4分野の中で最上位の座から
落ちることはないと思います。

そこは得意分野と割り切って、足りない分野を
伸ばす努力をすればいいだけですよね。

と、友達と話していて思いました。