忍者ブログ
中国語の学習を通して感じたこと。普段感じたことなど。備忘録として機能すればいいなと。

『否定と肯定』と観てきました。


これはどうしても劇場で観たかった作品。
日本語字幕がないと辛いので。
今日は1000円dayというこで、
レポートの山を尻目にセントラルまで。

邦題からして物議を醸してましたが、
事実を否定すること自体ナンセンスですよ。

アーヴィングみたいなのが、今の日本には
上は首相から、下は"普通”の日本人まで
ウヨウヨいます。
まさにウヨのトリクルダウン(爆)
(我ながら上手いこと言ったw)

今度は字幕中国語で観よう。
一度観ただけでは消化できなかった…


実はもう一本『GET OUT』という作品も
観たのですが、こちらは全然予想できない
展開で最後までドキドキでした。
ホラーチックな作品。

もうね、セントラル劇場は長崎の良心ですよ。
贅沢をいうなら、中華作品がもっと上映される
と個人的にはうれしいんですけど。


余談ですが、昔は2本立てとか普通に
ありましたよね~。

小学生の頃観た「風の谷のナウシカ」は
「名探偵ホームズ」と2本立てでした(笑





PR

オカルト

ジョギングコースに黒タマゴ。
運良く、カイオーガが出ました。

ちなみに今朝出た近所のグラードン
誰もいなかったw

CP2300なので及第点。
さすが実装初日マジックは健在。
そして、逃げられるのもお約束w


帰りに山の頂上でクチート戦。

なんと個体値100%が!!!
(ブーストかかってます)

さすが神社のジム。
日頃お参りしてるからでしょうか。

語学とパズル。

去年の今頃は、韓国行きを前にして
片言のハングルを丸暗記しようと
躍起になっていました。
発音はそれなりにやっていましたが、
結局ものになりませんでした。

メッチュ ハナ ジュセヨ
コマッスムニダ
アンニョンハセヨ
実際使ったのは上の3つだけという(爆)

人にもよるのでしょうが、自分の場合は
最初に文法をやらないと駄目なようです。


パズルを完成するには、500ピースだろうが
5000ピースだろうが、まずは角から始めて、
次に枠の部分という手順だと思います。
(楕円形のパズルはしんどかったですw)

そのほうが適当に勘で作っていくより、はるかに
効率的です。そう考えると、サバイバル例文の
丸暗記というのは、非効率的なわけで、
そりゃ、なかなか覚えられませんよね。

しかし、文法や発音といった角を押さえ、
それを基準に枠にあたる文型を並べていくと
パズルのピースが理路整然と繋がっていく
ように、語学の学習もスムーズにいきます。


これまでは音と文字の羅列だったハングルが
文法の勉強を始めたことによって、意味のある
ものとして、理解できるようになりました。
本当に目の前がパーッと開けたようです。
豁然开朗? 突破?

この感覚はブレークスルーと言ってもいいでしょうね。
まだ入門段階ですが。

ちなみに高校の頃、英語では経験しましたが、
中国語では未だに経験してません。
一番時間かけてるのに…





伝わってきてください。

韓国語の文法の本を探していたところ、
なぜか手に取っていたのはこの本。
一般的な文法書と切り口が異なり、
中国語のリハビリにうってつけですよ。
これで細かいモヤモヤも吹き飛びそうです。



本屋のあとは帰省中の友達とポケ活。
その友達は普段は東京なんですがww
かなり図鑑を埋めて喜んでいました。

二人でアブソルに挑んで負けたは
いい思い出になりました。
(まだゲットしていないw)
実は負けるとは思いませんでした。

楽しい時間をありがとう。