忍者ブログ
日々のこと、中国での生活、中国語の勉強を通して感じた事など。

Q.中検準1の教材に困ったら。

A.HSK用の教材と中中辞典を使う。

「トレーニングブックは買ったけど、聴解用のがないよ」とか
「2級までは教材が多いのに、準1からは教材が少ない」とお嘆きのあなた
そんなあたなには『HSK5級、6級の問題集』がおすすめ!

<おすすめポイント1>
聴解対策にうってつけ。これに慣れると中検の問題は遅くてあくびがでますw
慣用句の出現率も高い。シャドーイングやディクテにも使えます。

<おすすめポイント2>
類義語の問題もあるよ。教材によっては解説があるので、辞書を引く手間が省けます。
5級の並び替え問題は文法チェックに最適です。
(5級は準1を受ける方にはやや易しと思われます)

<注意点>
国内版なら問題はありませんが、現地のものを使うなら、日本語の説明はありません。
よって、それを理解できるだけの能力は必要になります。


準1を受けるなら、中中辞典は必携アイテム。
自分も以前は《现代汉语词典 第五版 》を使ってました。
今は電子辞書とネットです。便利になりました。

わからない語彙を引くと、またわからない語彙が使われていてと無限ループw


中国語関連のブログを巡回しましたが、今回の準1級は比較的難しかったようですね。とりあえず、準1でも90点くらい楽に取れるように語彙力をアップさせます。

※ 試験に関する難易度は自分の基準なので、必ずしも全ての人に当てはまるとは限りません。

PR