忍者ブログ
日々のこと、中国での生活、中国語の勉強を通して感じた事など。

半年ぶりに中国語で会話した。

◆悪かった点。
まず、照れます。知らない人だと緊張しないんですけど、知ってるとだめ。
口の開け方、発声など日本語のそれになってる。
知ってる言い回しばかり。(当たり前)
中国語で表現できないと日本語で言ってしまう。
(相手の日本語は自分の中国語より上なので)

◆良かった点。
通じた。(喜んじゃいけない)
聞き返されることがなかった。

◆その他。
前から積極的に中国語で話せばよかったのにと言われた。
教科書のような口調とも言われた。(照れがあるのも原因かも)

以上の点を踏まえて。
何はなくとも話す練習。
音読もいいですが、本格にドラマを使う時が来たようです。
てっとり早いのは友達との練習なんですけど…




今年の目標が去年のとそんなに変わっていませんでした。(汗
去年の1月3日の記事。
もう少し具体的にしていこうと思います。

「会話の練習」だとかなり大雑把ですなので
・ドラマを見て、気に入った表現を抜き出して音読。
・教材の音読。1日10回。

みたいな感じで。
かといってあまりきついのも続かないので、試行錯誤しながら。

英語と韓国語も同じようにしていきます。


「特瑟」ってドラマ以外で初体験しました(笑)
別に自慢話とかもしてないんですが。



PR