忍者ブログ
日々のこと、中国での生活、中国語の勉強を通して感じた事など。

大人の学習。

どうしても目に頼りがちです。
でも別にかまわないと思います。

ただ目だけの学習では絶対駄目。
(本が読めればいいとかなら構いませんが)
必ず口と耳も使いましょう。


友達が「中国語の練習しましょう」と
音声のメッセージを送ってきました。
そして「你跟着我读!」と。

20秒ほどのメッセージが二つ。
ちょっと聞いてみたところ、
あまり聞き取れません。

スクリプトもないのでディクテーション。
辞書を引き引きなんとか終えました。
友達に何のテキストが質問したところ

「草枕」との答え。

ちょっと難しいとは思いましたが…
文字に起こして読むとと分かるんですよね。


次は東野圭吾の『悪意』を読んでくれました。
うーん、これも難しい。
風景等の描写が特に難しいですね。
それとは逆に登場人物の台詞は分かり易いです。

説明を聞いたり質問したり、こういう勉強(?)
もありですね。楽しいので。
日本語と中国語でウィン・ウィンですよ。
まあ、負けてますが…


大人である以上、また日本人である以上は
「見て分かる」が4分野の中で最上位の座から
落ちることはないと思います。

そこは得意分野と割り切って、足りない分野を
伸ばす努力をすればいいだけですよね。

と、友達と話していて思いました。





PR